東海大 相手FWが1人少ない“好機”に無得点 木村監督「そこが全て…」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権準決勝   東海大10―29明大 ( 2020年1月2日    秩父宮ラグビー場 )

<明大・東海大>明大に敗れ、肩を落とす東海大フィフティーン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 東海大は持ち味のFW戦で相手を上回れず、3大会ぶりの決勝進出を逃した。特に相手FWが1人少ない時間帯でスクラムで執ように攻めるもスコアできず、その後ダメ押しトライを許した。

 CTB真野主将は涙をこらえながら「準備が甘かった。力が足りなかった」。木村季由監督も「あそこで1トライ返したかったが、かみ合わなかった。そこが全て」と悔やんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース