【箱根駅伝】関東学生連合は19位相当、東大・阿部「憧れの舞台に立てて悔いはない」

[ 2020年1月3日 16:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・復路 ( 2020年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町、109・6キロ )

<第96回箱根駅伝 複路>10区、右腕に「感謝」、左腕に「夢」と書き、ゴールする関東学生連合で出場した東大の阿部(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 オープン参加の関東学生連合は11時間12分34秒で、21チーム中19番目だった。

 10区を任された東大の阿部飛雄馬(4年)だったが、1時間15分26秒で区間最下位相当のタイムだった。「これが実力と受け止めている」とする一方で、「憧れの舞台に立てて悔いはない」と夢の23キロを振り返った。

 東大では昨年1区を駆けた近藤秀一(現GMOアスリーツ)に続いた。「自分が(東大として)連続することで意味があると思ってやってきた」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース