国学院大 過去最高往路2位 エース浦野、総合Vつなぐ激走「十分狙える位置」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

大鳥居前を2位で通過する国学院大5区・浦野雄平(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 国学院大のエース浦野は、青学大から1分33秒遅れて両手を合わせてフィニッシュ。前回大会で5区区間新記録を出した平成最後の山の神は、自身の記録は上回ったものの、令和最初の山上りを制することはできなかった。チーム過去最高の往路2位にも「仲間が往路優勝が見える位置で持ってきてくれて、自分次第だった。何としても勝たせたかった」と喜びはなかった。

 1区・藤木が2位の好位置につけ、2区を走った主将の土方もハイペースな展開に食らいついた。3区・青木と4区・中西も3位をキープ。浦野は3キロ過ぎで東京国際大を抜いて2位に浮上したが、トップの背中は遠かった。昨年同様に小涌園付近で両足がつりかけてペースを上げることができず「自分のレースをしていれば追いつけた」と唇をかんだ。

 4年生の土方、浦野、青木を中心に「歴史を変える」チームをつくってきた。3年から主将を務める土方はコミュニケーションを重視し、練習姿勢が悪い選手に対しては「サボるという考えが僕にはなかったのでかなり怒鳴りました」と嫌われ役を買って出た。それでも「当たり前のことをしていただけ。キツいなと思ったのは毎朝体操の声を出すくらい」と笑う。「4年間大きな存在だった」という浦野と青木の支えがあったからこそ、出雲駅伝を制して「5強」に名を連ねるほど強くなった。

 往路2位には誰一人満足していない。その姿を見て土方は言う。「2位で悔しいと言えるチームになったことが一番の成長なのかなと思います」。復路で掲げる総合3位の目標に向け「落ち込んでいる暇はないので全力でサポートしたい」と切り替え、浦野も「力のある選手がいるので十分狙える位置」ときっぱり。国学院大の挑戦はまだ終わっていない。

 ▽19年出雲駅伝 10月14日に行われ、国学院大は3区の浦野までトップと4秒差も、その後は後退し37秒差の4位で最終6区へ。たすきを受けたアンカーの主将・土方が区間賞の好走で3人抜きを見せ、逆転で3大駅伝初優勝を果たした。土方は残り700メートルで埼玉栄の同級生、駒大・中村聖を置き去りにした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース