青学大・吉田祐「10年間の集大成」4区区間新「復路の選手を信じて待つ」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

区間新記録をマークした青学大・吉田祐也(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 青学大が5時間21分16秒で3年ぶり4度目の往路優勝を決めた。

 最初で最後の箱根駅伝を区間新記録で締めくくった。卒業後は一般企業に就職して陸上から離れることを決めている4区の吉田祐は「10年間の集大成。苦しんできた分、楽しんで走ろうと思ってきた」と胸を張った。

 残り1キロを切った20キロ過ぎ。区間記録を上回るペースで走る吉田祐に原監督から「凄いよお前!凄い!」と声が掛かった。終盤の一番つらいところで受けた指揮官からのエールに右腕を振り上げて応え「なにくそと見返す気持ちでやってきました」とギアチェンジして走りきった。

 2、3年とアンカーの控えで次点だった。監督から止められても走り続けるほどの努力家は「集中していてあっという間の1時間だった。復路の選手を信じて大手町で待ちたい」と仲間への信頼を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース