【箱根駅伝 7区】東海大・松崎咲人が首位・青学大を追走!

[ 2020年1月3日 09:52 ]

箱根駅伝
Photo By スポニチ

 第96回東京箱根間往復大学駅伝・復路は3日、神奈川・箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに21チームが参加して行われた。

 7区(21・3キロ、小田原中継所~平塚中継所)では、首位を走る青学大と2分21秒差でタスキを受け取った東海大・松崎咲人(1年=佐久長聖)が序盤から激走。2・2キロ地点で国学院大・木付琳(2年=大分東明)を抜いて2位に上がり、さらに首位の青学大をとらえるべくスピードを上げた。11キロ過ぎでは青学大との差は2分37秒。さらに12キロ過ぎにペースを上げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース