関西王者・天理大が完敗 日本一の夢破れ岡山主将「自滅という感じ」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権準決勝   天理大14―52早大 ( 2020年1月2日    秩父宮ラグビー場 )

<早大・天理大>早大に敗れ、肩を落とす岡山主将(手前)ら天理大フィフティーン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 今季全試合で50得点以上を奪ってきた関西王者・天理大が52失点で大敗した。ノックオンを多発し、ラインアウトを何度も奪われた。フランカー岡山主将は「自滅という感じ」とうなだれた。0―21の前半31分、ゴール前に走り込んで、トライを挙げた3年生CTB市川は「実力不足」と肩を落とした。

 この4年で3度、4強以上。日本一の夢は、この日のスタメン13人が残る来季へと託された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース