【バスケ天皇杯】ブレックス昨年準Vの悔しさは初のカップ戦タイトルで晴らす

[ 2020年1月3日 05:30 ]

1月9日から熱戦!!バスケ天皇杯8強チーム紹介

宇都宮ブレックス

《天皇杯 男子》宇都宮ブレックス

<昨年成績>
準優勝

<今季リーグ戦成績>
22勝4敗(東地区1位)

<チーム紹介>
激戦区東地区で堂々首位を走る宇都宮。昨年、日本国籍を取得したライアン・ロシター、日本を代表するSGの比江島慎、成長著しい遠藤祐亮らを中心にバランスの取れた攻撃で相手を圧倒する。昨年は決勝戦まで進んだが、千葉との死闘の末、延長戦で惜敗。雪辱に燃えるBリーグ初代王者が、2つ目のタイトル獲得に挑む。

<スポニチ注目選手>
1ライアン・ロシター
2比江島慎
3遠藤祐亮

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース