早大・中野 9月以来の公式戦で存在感 タックルに倒れずトライ演出

[ 2020年1月3日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権準決勝   早大52―14天理大 ( 2020年1月2日    秩父宮ラグビー場 )

<早大・天理大>突進する早大・中野(中央)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 昨年9月の練習中に右ふくらはぎを痛め、公式戦は同月の筑波大戦以来だった中野が存在感を見せた。前半19分にはタックルを受けながらも倒れずパスをつなぎ、FB河瀬のトライを演出。5分後にもオフロードパスで古賀のトライをアシストした。

 天理大には自身よりも大きな留学生がいたが「自分のプレースタイルを変えるつもりはなかった」。斎藤主将も「安心感があった」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース