帝京大 3区・遠藤が日本人トップ激走で6位貢献 指揮官、復路で挑戦「最低でもベスト3」

[ 2020年1月3日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

戸塚中継所、3区・遠藤にたすきを繋ぐ帝京大・星(左)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 帝京大は昨年に続いて3区に起用された遠藤が、区間記録を上回る日本人トップの1時間1分23秒の快走で往路6位に貢献した。中野孝行監督は「そのくらい走って当たり前だと思っている。1年間コツコツ練習したから(昨年よりタイムが)1分上がるのは成長の証」と評価した。

 昨年は9位で往路を折り返し、復路で順位を上げて5位に食い込んだ。指揮官は復路に向けて「希望を持てるこの順位にいるので、チャレンジする資格はある。あくなき挑戦をしていきたい。最低でもベスト3」と00年と13年に記録した過去最高4位の更新を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース