【箱根駅伝】中大は12位 出番なかった舟津「シード権を取りたかった」

[ 2020年1月3日 17:03 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・復路 ( 2020年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町、109・6キロ )

<第96回箱根駅伝 複路>10区、総合12位でゴールする中大・二井(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中大は11時間3分39秒の12位でシード権に届かなかった。

 駅伝主将を務めながら出番のなかった舟津彰馬(4年)は、「シード権を取りたかったけど、流れにうまく乗れなかった。12位という順位に終わったのはそういうこと」と振り返った。

 1年で主将となる貴重な経験をした大学駅伝が終了。「後輩も残って3年が主体なので、このレースをどう感じて次の箱根に修正していけるか」とチームの未来に思いをはせていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース