往路V青学大、全員ナイキの厚底シューズ 名将たちも脱帽の“新兵器”

[ 2020年1月3日 05:30 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

ナイキ「ヴェイパーフライ ネクスト%」
Photo By スポニチ

 青学大が5時間21分16秒で3年ぶり4度目の往路優勝を決めた。

 往路新記録をマークした青学大のシューズにも変化があった。これまでアディダスをメインに履いてきた青学大の全員がナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」を着用。4区吉田祐、5区飯田もその恩恵からか区間新記録をマーク。5区間のうち1区をのぞく4区間で区間新記録が出る超高速レースを“新兵器”で乗り切った。

 厚底シューズについて青学大の原監督は「走っているのは選手の脚と選手の心臓です」と話したが、同じくナイキのシューズを使用している東洋大の酒井監督は「効果はあると思うが、そういう準備をしてきたことで走れている」と分析。駒大の大八木監督も「区間新記録がこれだけ出るのはシューズのせいかなと思っちゃいますよね」と名将たちもシューズ効果に驚きを隠せない様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月3日のニュース