×

吉田明世アナ 「TBSってイジメひどいんでしょう?」の偏見を分析 「あまり話さない先輩がいたり」

[ 2022年1月28日 11:02 ]

吉田明世アナウンサー
Photo By スポニチ

 元TBSでフリーアナウンサーの吉田明世(33)が27日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。TBSの「イジメ疑惑」がささやかれる理由について語った。

 「TBSは他局より勤務時間が緩いのか、当時は現場に直行して、現場から家に帰ってOKだったんですね。他局のアナウンサーの話を聞くと、現場の仕事を終わったらアナウンス部に戻って電話番とかあるみたいなんですけど。アナウンス部にいる時間が短いので、同じ番組のアナウンサーとは仲良くなるけど、朝の番組担当してる人は夜担当のアナウンサーとあまり交流がない。仲良い人が一部になってしまうんです」と明かした。

 かつて「TBSってイジメひどいんでしょう?靴の中に画びょうが入ってるんでしょう?」と聞かれたことがあったといい「なんでだろうって考えてたんですけど。(イジメは)もちろんないです。多分、同じ番組の人としか交流がないから一匹狼みたいな人が多くて、フジテレビとか日本テレビさんみたいに和気あいあいみたいなのがないのからかも思った」と分析した。

 1年に1回、部会が開催されるが、仲の良い人が固定されてしまうゆえに「あまり話さない先輩がいたりはあります。でも仲悪くはないんですよ、決して」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月28日のニュース