×

朝ドラ「カムカム」 一子が「大月」回転焼き200個注文 その幸せな理由に…ネット歓喜「幸せになって」

[ 2022年1月28日 10:41 ]

市川実日子
Photo By スポニチ

 女優の深津絵里(49)が2人目のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は28日、第62話が放送され、女優の市川実日子(43)が演じる、“ベリー”こと野田一子の結婚が反響を呼んでいる。

 <以下、ネタバレが有ります。ご注意ください>

 回転焼き店「大月」は近所からの評判もよくなり、徐々に店の売れ行きもあがっていく。しかし、トランペットを吹く以外は何もできない錠一郎(オダギリジョー)に悩むるいはある日、ベリーの元を訪れ相談する。そんな中、ベリーは回転焼きを200個注文。大量注文に驚くるいにベリーは自分の結婚式のデザートとして振る舞うとうれしそうに話した。

 帰宅したるいは錠一郎に「一子はお見合いで結婚した」「相手は日本舞踊のお師匠さん」と伝えると錠一郎は「うちの売り上げのためかな。優しいなベリー」とつぶやいた。

 ある日、荒物屋「あかにし」で買い物をしていたるいが倒れたと聞いた錠一郎は急いでるいの元へ駆けつける。るいは妊娠していることを打ち明け、父親になれるかと不安な錠一郎を励ました。そして春になり、桃山団五郎が“モモケン”こと2代目桃山剣之介を襲名した日、るいは女の子を出産した。という展開だった。

 放送後、SNS上では「お祝い続きで嬉しい」「今日はいいことづくめ」「幸せのオンパレード」「結婚おめでとう」「お見合いだけどちゃんといい人に出逢えたっぽい」「幸せになって」「ベリーちゃんの結婚式見せて」「結婚式のデザートに200個って盛大だ!」「家族が増えるってうれしいことですよね」などの声が寄せられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月28日のニュース