×

渡辺王将待望の1勝か、藤井竜王星を重ねるか 大田原市「ホテル花月」で前日検分 第71期王将戦第3局

[ 2022年1月28日 17:18 ]

<王将戦第3局・対局場検分>対局場検分を行う渡辺王将(右)と藤井竜王
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(37=名人、棋王の3冠)に藤井聡太竜王(19=王位、叡王、棋聖の4冠)が挑戦する第71期ALSOK杯王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社ほか主催)の第3局が栃木県大田原市で29日から始まるのを前にした28日、対局場検分が行われた。

 第3局の舞台、「ホテル花月」での七番勝負開催は16年連続16回目。検分では立会人の深浦康市九段、副立会の戸辺誠七段とともに封じ手の記入場所、デザートの提供場所などを確認した。

 シリーズは挑戦者の藤井竜王の2勝で進行している。自身初の開幕連敗を喫した渡辺王将が待望の一勝目を飾るか、竜王が初めて訪れる栃木でも星を奪うか、注目の第3局は29日午前9時に始まる。

 なお、大田原対局では当初予定されていた現地の大盤解説会などの関連イベントは新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止が発表されている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月28日のニュース