×

超技術介入機「マッピー」新台に由希も興奮「魅力的!」

[ 2022年1月28日 05:30 ]

「SLOTマッピー」の筐体の前でポーズをとる大崎由希
Photo By スポニチ

 グラドルでバンドのドラマーとしても活動する大崎由希がスロットの「打ち始め」として選んだ新機種はユニバーサルエンターテインメント「SLOTマッピー」だ。HANABI、クランキーなど様々なユニバーサルシリーズの遺伝子を受け継いだ出目と配列を実現!2月中旬に全国のホールに導入予定となっている。

 大崎のボルテージが最高潮に達した。

 ナムコの名作ゲーム「マッピー」が初のスロット化。メーシー社製スロットとしてユニバーサルエンターテインメントから新登場することになった。

 「きょうが今年の初スロットです。目押しなど、自分でボタンを押して操作するので、楽しいです!」と声を弾ませた。

 注目は、新機種が「ボーナス+AT」の超技術介入マシンとして誕生したこと。通常時は基本的にビッグボーナスからATに突入する流れで、ボーナス当選時の約50%の確率でセット管理型AT「マッピーラウンド」へ突入する。

 ビッグボーナス中は難易度を選べる技術介入でATのゲーム数の上乗せを抽選しており、ゲーム数を上乗せすれば「マッピーラウンド」へ突入しなくてもゲーム数管理型AT「マッピーゲーム」に突入する。

 ATはどちらも純増0・3枚/Gで、消化中はボーナスを引けば必ず「マッピーラウンド」が1セット上乗せされるため、いかにボーナスを引きながらATを長く継続させられるかがポイントだ。

 「自分の技術によってゲーム数が上乗せされ、チャンスがアップする。これは本当に魅力的ですね」と話した通り、目押しから「777」をそろえてビッグボーナス突入!「やりました」とボルテージはMAXとなった。

 さらに、ファンにはうれしい仕掛けもある。HANABI、クランキーなど様々なユニバーサルシリーズの遺伝子を受け継いだ出目と配列を実現しているのだ。これにより、目押しが苦手なユーザーも安心。さらに「裏技」を習得すれば超完全攻略が可能に。どんな打ち手でも楽しめる新たな技術介入マシンに、興奮は冷めなかった。

 グラドル兼グラドラマーとして活躍するとあって22年の抱負は「バンドの体制が一新し、メタルとプログレを一緒にしたような“ジェント”を演奏するようになりました。ボーカルはシャウトするし、私はツインペダルを踏んでいます」とPR。「バンド活動やグラビアと並行し、パチスロも楽しみたい。息抜きになればいいですね」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月28日のニュース