×

「Creepy Nuts」MBSのセンバツテーマソング担当!「HIPHOPで球児を応援」

[ 2022年1月28日 17:00 ]

「Creepy Nuts」のDJ松永(左)とR-指定
Photo By スポニチ

 毎日放送は28日、「第94回選抜高校野球大会」(3月18日~30日)の地上波番組やインターネット配信などで使用する公式テーマソングを、若い世代から絶大な支持を得ているヒップホップユニット「Creepy Nuts」が担当することを発表した。

 「Creepy Nuts」はMCのR-指定とDJのDJ松永の2人組。R-指定はラップの日本一を決める「UMB」の全国大会で12年から14年まで3連覇の実力を持つ。一方のDJ松永も19年にロンドンで開催された「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019」のバトル部門に日本代表として出場して優勝。昨年の東京五輪の閉会式にも出演した「世界一のDJ」だ。楽曲は現在作成中で3月上旬に公開予定となっている。

 DJ松永は「高校野球という国民的な行事にHIPHOPという音楽を抜擢してもらえたことが本当に嬉しいです。球児のみなさんは高校生活の全てを投げうってめちゃくちゃ頑張ってきたんだと思います。それだけで本当にリスペクトです。テーマソングを通して、そんな選手達と同じ時間を共有できるのは幸せです。我々にしかできないHIPHOPで背中を押せるような曲を必ず作りたいと思います!」と意気込む。

 R-指定も「選手やチーム、直接関わっている人だけでなく、日本中が熱狂するそんな魅力があるのが高校野球のイメージです。これまであまり接点のなかった世界ですが、仲間とともに競い、励まし合い、切磋琢磨していく。それは“フリースタイルバトル”だったり、僕たちの世界とも似ていて共感できるところなのかなと感じました。携わった人達が人生を振り返った時に思い出してもらえるような曲になれば幸せです!」と意欲的に語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月28日のニュース