×

ヒロミ 初のソロCD発売、地元・八王子&愛妻・松本伊代の“あるある”熱唱

[ 2022年1月28日 04:00 ]

ソロCD発売が決まり笑顔のヒロミ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(56)が、初のソロCDをリリースする。故郷・東京都八王子市のご当地ソング「八王子のうた」と、妻の松本伊代(56)のエピソードを詞にした家族愛のロックナンバー「神様との約束」の両A面シングル。3月16日に発売される。

 両曲とも、ヒロミとタレントのはなわ(45)の2人で作詞。ヒット曲「佐賀県」で知られるはなわが、十八番である「あるある」の歌に仕上げた。ヒロミはお笑いトリオ「B21スペシャル」や番組企画のバンドでCDを出しているが、ソロ作品は初となる。

 先に作ったのは「八王子のうた」。きっかけは2020年3月に八王子出身の芸能人らと結成した「八王子会」。そのメンバーで地元にささげる曲を歌いたいと、ヒロミがはなわに制作を依頼した。

 ♪八王子は東京なのに、都心に行く時“東京行ってくる”と言う――などと歌う、地元ネタ満載の八王子賛歌。高橋みなみ(30)、ファンキー加藤(43)ら八王子会メンバーと収録し、20年12月に自身のYouTubeで公開した。

 遊びの延長線上の企画だったが、その後、市内の各所でBGMなどで流れるようになった。ヒロミは「市長からも“CDにしないんですか?”と言われて。それならもう一曲必要だねってことで、ママ(松本)の歌を作った」と明らかにした。

 それが「神様との約束」。ヒロミが息子に松本の天然ボケのエピソードを伝えながら、最後は「ママだけは幸せにする」と誓う一曲。♪ママ 作り置きの晩御飯なのに まさかのうどん 食べる頃にはもちろん完全にのびのびさー――と、クスッと笑える歌詞だ。

 ヒロミは「ママに聴かせたら“ちょっと大げさじゃない?”って言ってた。こっちは薄めにしてるつもりなんだけど」と笑った。「それぞれの家族でしか分からない“あるある”があるじゃん。それぞれの家族で替え歌を作ってもらって、また曲が新たなものになったら凄くいいなと思う。お父さんにカラオケで歌ってもらいたい」と望んでいる。

 《八王子会とは》ヒロミが代表を務める「八王子会」は、フワちゃん(28)、アンジャッシュ・児嶋一哉(49)ら八王子出身者や縁の深い著名人で構成。「BiSH」のセントチヒロ・チッチ、元「モーニング娘。」の飯窪春菜(27)らのアイドル勢、「マキシマム ザ ホルモン」のダイスケはん(44)、ナヲ(46)ら人気バンドのメンバーに加え、カリスマホストのROLAND(29)も名を連ねる。

 《「神様との約束」2月13日先行配信》八王子会は20年3月の第1回以降、コロナ禍で開催できなかったが、番組企画として2年ぶりに開催。来月13日にBS日テレで「ヒロミの八王子会SP 豪華メンバー大集合!」(後9・00)として放送される。現場スタッフはおらず、メンバーがスマートフォンで撮影。プライベートの会をのぞき見するような内容となる。放送日の2月13日はヒロミの誕生日で、同日から「神様との約束」が先行配信される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月28日のニュース