岸博幸氏 熊田曜子夫に率直疑問 警察“高圧的”主張に「高圧的な態度だと認めちゃうのかな?」

[ 2021年11月17日 16:43 ]

熊田曜子
Photo By スポニチ

 元経産官僚で慶大大学院教授の岸博幸氏(59)が17日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演し、妻でタレント熊田曜子(39)を殴ったとして暴行罪に問われた、会社経営者の被告(38)の第3回公判について語った。

 起訴状などによると、事件は5月18日未明に発生。酒に酔って帰宅した被告が、熊田の顔面を平手で殴った罪に問われている。この日、東京地裁で開かれた公判では被告人質問が行われ、番組でも速報した。

 事件当日は、家から外に逃げた熊田が110番通報し、駆けつけた警察官が被告を現行犯逮捕した。この日の公判で被告は「警察官が非常に高圧的に質問をしてきた。誘導を図ったような質問が多かった」と主張。証拠で提出された録音データの中で、熊田が「痛い、痛い」と痛みを訴えている場面についても、「何かの拍子に手が触れたか当たったかもしれないので、『当たったかもしれません』と答えたところ、すぐに手錠をかけられた」と説明した。

 コメントを求められた岸氏は「高圧的な態度だとそんな簡単に認めちゃうのかな?とよく分からない」と、被告の主張に率直な疑問をぶつけた。さらに、双方の言い分にも大きな食い違いがみられることにも、「結局言っていることが正反対だから、何ともどっちどっちなのか分かりませんよね」と困惑していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース