おぎやはぎ矢作 当て逃げ木下都議の委員会欠席に皮肉「レベルが違いました」

[ 2021年11月17日 17:03 ]

「おぎやはぎ」の矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(50)が17日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演し、7月の東京都議選中に無免許運転で人身事故を起こし、書類送検された木下富美子都議(55)が、18日に予定されていた議会運営委員会を欠席すると連絡したことについてコメントした。

 木下氏は9日、都議会に初登庁し、議長、副議長と面談。2度にわたる辞職勧告決議にも、議員を続行する意向を表明した。都は18日の議会運営委員会への出席を要請し、辞職勧告決議に関する質疑が設けられる予定だったが、木下氏が体調の再悪化を理由に欠席するというニュースが番組終了直前に入った。

 この一報が入る前に矢作は、「今日くらいに辞職願いを出すんですよ。行けないって。普通は行けないでしょう。9日も出て来たけど、あんな感じじゃないですか?もう二度と…しかも総攻撃食らうんだから。今日は明日の朝なのか分からないけど、辞職願いを出すかな」と、批判の声を聞き入れて辞任するのではと推測していた。

 ところが、木下氏の判断に驚きを隠せない様子。「レベルが違いました。自分のものさしで測っちゃだめですよ。僕だったら出ない(で辞職する)けど。レベルが違う」と皮肉たっぷりにコメントした。

 MCの坂上忍(54)は「とことんいっちゃいそうな…長引くでしょう」と、事態の長期化を懸念していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース