芸能界屈指のサッカー好き、JOY 代表監督のあるべき姿を語る 森保監督は「その感じがほぼ皆無」

[ 2021年11月17日 17:48 ]

タレントのJOY
Photo By スポニチ

 芸能界屈指のサッカー好きとして知られるタレントのJOY(36)が17日、自身のツイッターを更新。サッカー日本代表を率いる森保一監督(53)にモノ申した。

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会出場を懸けたアジア最終予選第6戦は16日に各地で行われ、B組3位の日本はアウェーで同組4位のオマーンに1―0で勝利した。これで3連勝となり、中国と引き分けたオーストラリアを抜いて4勝2敗の勝ち点12でW杯出場圏内である同組2位に浮上した。

 日本時間深夜1時から行われた試合前に「今夜のW杯予選オマーン戦は三笘と古橋スタメンで見たいなぁ。左SBは中山で守備重視にしてあんまり裏のスペース使われないようにするのもありかなと!みんなはどの選手に注目してますか?頑張れ日本!応援するぞー!」と気合を入れ、0―0で折り返した前半終了時には「もっと死に物狂いで勝ちを狙うようなプレーを見たい。森保監督は本当になんで調子上がりきってない選手にこだわるんかな。いつもの感じすぎて控え選手のモチベーションも上がらないでしょ。原口も三笘も古橋もスタメンで見たかった。勝ってくれ」とツイート。

 そして「森保監督は自分が信じたい選手への想いが強すぎる気がするんですよ。純粋に選手のコンディションを見ての判断とか思い切りがもっと必要じゃないかと。本来はそうあるべき。その感じがほぼ皆無だからサッカーファンもため息が増えてるのが今の状況なのかな。何としても勝ち点3取ってくれ」「三笘に預ければどんどん抜いてチャンス作ってくれそうな安心感。前半から出てたらって思ってしまう。早めに先制点取ろう!」と熱い思いをつづった。

 その後、森保ジャパンが勝利すると「よし!勝ったぁぁ!」と短くつぶやいて喜びを爆発させていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース