金子恵美氏 文通費100万円問題「そもそも国会議員が何にどんなお金を使っているのか…見直す機会では」

[ 2021年11月17日 11:21 ]

金子恵美氏
Photo By 提供写真

 元衆院議員の金子恵美氏(43)が17日、フジテレビ「めざまし8」(月~金曜前8・00)に出演。10月31日投開票の衆院選で初当選した新人議員に10月分の「文書通信交通滞在費」100万円が満額支給されたことに言及した。

 自民党の茂木敏充幹事長は16日の記者会見で、100万円満額支給への批判を踏まえ、全額返還させて寄付する考えを表明。公明党の山口那津男代表も同様の対応を実施するとした。立憲民主党は、日割り支給を可能にする法案の国会提出を目指すとしており、与野党で見直しの動きが相次いでいる。日本維新の会副代表の吉村洋文大阪府知事は、自民党の返還方針を「非常に大きな一歩だ」と評価。領収書提出が不要な現行制度を見直す関連法改正案を次期国会に提出する意向も示した。

 金子氏は「日割りの議論もなんですけど、そもそも国会議員が何にどんなお金を使っているのか、支出の分析とそれに対する国から出るお金、補助金のあり方を見直すタイミングに来ているのではないかなとも思います」と自身の見解を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース