カンニング竹山 都議会空転で当て逃げ木下都議に要求「都政に無駄なお金が…その分の金を出せ」

[ 2021年11月17日 12:56 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(50)が17日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演し、7月の東京都議選中に無免許運転で人身事故を起こし、書類送検された木下富美子都議(55)についてコメントした。

 木下氏は9日、当選後初めて登庁し、都議会の議長、副議長と面談。2度にわたる辞職決議にも、議員を続行する意向を表明した。都は18日の議会運営委員会への出席を要請しているが、番組放送時点で木下氏からの回答はない。

 竹山は「都議会側も考えて気合を入れてやらないと。除名というのが一番の目的なんだから」と、委員会での追及に期待の声を上げた。

 一連の問題で、都議会は空転を続け、都政はストップした状態。竹山は「議会の運営の妨げになっていて、都政に無駄なお金が使われるっていうことになっているから、木下議員も寄付したうんぬんとか言ってるけど、その分の金をお前が出せと思う」と厳しく言い放った。

 さらに、当て逃げ事件についても「無免許運転だけじゃない、当て逃げという法を犯したわけでしょう?選挙の時に『当て逃げしたんですけど、都民のために頑張ります』と言って受かっているなら別ですけど、それを隠しているから、選挙自体も実は不成立じゃないかと思う」と怒りが収まる気配はなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース