浅野ゆう子 1歳年下夫との“熟年婚”は「大正解」も 夫婦ゲンカは「黙って返事もしない」

[ 2021年11月17日 14:13 ]

女優の浅野ゆう子
Photo By スポニチ

 女優の浅野ゆう子(61)が17日放送の「徹子の部屋」(月~金曜後1・30)にゲスト出演。1歳年下の夫との“熟年婚”についての思いを語った。

 浅野は57歳のときに1歳年下の実業家である夫と結婚し、4年となる。司会の黒柳徹子(88)から「熟年婚は大正解だと思われる?」と聞かれると、「はい。大正解だと思ってます」と言い切った。「いろいろと話し合うことも、やっぱりコロナということも大きかったです。時間も取れましたし。これから残された人生をどう生きていくかっていう、そういう話し合いもしましたし。この間の地震で大きく揺れたときも、あーいてくれて良かったなと思いました」としみじみと話した。

 黒柳から「夫婦げんかすることはないの」と聞かれると、「あります」と回答。「あの、頑固ですね。夫だけでなく、私も57年間一人でしたので、自分の思ったことは曲げないっていう。それは両者なので。ぶつかることがあると、『うっ』と腹が立つんですよ、黒柳さん。そうするともう、口をきかないでしばらく黙って返事もしない、そういう時間を取ります。私はどうも顔と態度にすぐに出るらしいので」と説明した。

 それでも「彼も機嫌を取ったりということは一切ないです。時々は彼の方が家を出て行きます」とし、「しばらく両者一人になって時間を過ごして、大体次の日の朝まで引きずったりすることもあるですけど、黙ってるとそれ以上はケンカになりませんので。これが熟年婚の(けんか)」と続けた。黒柳が「でも凄いわね。黙ってんの」と尋ねると、「はい。返事もしないんです」と強調した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース