ヒコロヒー 意外な多趣味ぶりに「第2のタモリ」自称も…松田ゆう姫からの顔いじりに「悪口やん」

[ 2021年11月17日 17:55 ]

ヒコロヒー
Photo By 提供写真

 お笑いタレントのヒコロヒー(31)が17日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演し、意外な趣味について語った。

 番組では、ヒコロヒーが絵画について語る記事を紹介した。「幸福の画家」と呼ばれるルノワールの作風や印象的な言葉をつづっているもの。コラムニストでタレントの小原ブラスから「これはゴーストライター?」といじられると、ヒコロヒーは「なんでやねん?ワシが書いたんよ。めちゃめちゃ書いたから」と否定した。

 ギャンブル好きで知られるヒコロヒーだが、もともと美術にも造詣が深いという。「この時代の絵が好きなんですよね。印象派と呼ばれる、この時代の絵が好きなんですけど」。フリーアナウンサー大橋未歩(43)が「マージャンから美術って、すごい幅じゃないですか?」と驚くと、ヒコロヒーは「一部では第2のタモリと呼ばれております」と応じた。

 歌手でタレントの松田ゆう姫(33)からは「ヒコちゃんの顔って、印象派っぽくない?ぼんやりしてる」と、微妙な指摘も。ヒコロヒーは「悪口やん。今回、3週目(のレギュラー出演)やけど、いつから思ってたん?」と問い返すと、松田は「ぼんやりしてると思ったのは最初の日から」と答え、笑わせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース