藤井竜王、松尾八段下し7勝目「一局一局大事に」 順位戦B級1組

[ 2021年11月17日 05:30 ]

対局開始を待つ藤井聡太竜王(左)と松尾歩八段(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 将棋の順位戦B級1組は16日、東京都渋谷区の将棋会館で8回戦の1局を行い、藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含め4冠=が松尾歩八段(41)を89手で下し、7勝目(1敗)を挙げた。同組は13棋士が所属。今年5月から来年3月にかけて総当たり戦を行い、成績上位2人がA級に昇格する。現時点では佐々木勇気七段(27)が7勝0敗でトップ。1敗の藤井は2位に付けている。

 13日に竜王位を奪取し、史上最年少4冠となったばかりの藤井は「まだ先が長い。一局一局大事にしてやっていきたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース