櫻井翔 日テレ“音楽の祭典”で嵐の名曲をピアノ演奏、ネット反応「多才すぎる」「貴重でした」

[ 2021年11月17日 19:39 ]

「嵐」の櫻井翔
Photo By スポニチ

 嵐の櫻井翔(39)が17日、総合司会を務める日本テレビの音楽特番「日テレ系音楽の祭典『ベストアーティスト2021』」(後7・00)に出演。オープニングでピアノパフォーマンスを披露した。

 今年で20周年を迎える同番組。千葉・幕張メッセからの生放送で、最初に登場したのは櫻井だ。NHK東京五輪関連番組で、アスリートの熱いシーンを盛り上げた嵐の楽曲「カイト」を演奏。オーケストラをバックにピアノを奏でた櫻井は、「つたない素人のピアノ演奏でしたけど、オーケストラの皆さんに支えていただいて、なんとか演奏できました」と謙虚にコメントした。

 スペシャルゲストとして、東京五輪卓球混合ダブルス金メダリストの水谷隼(32)と、東京五輪スケートボード女子パークで金メダルを獲得した四十住(よそずみ)さくら(19)が出演した。嵐ファンという四十住は、櫻井の演奏に「感動しました」とニッコリ。好きな嵐メンバーを問われると「相葉(雅紀)君です」と即答した。これを受けた櫻井は、ズッこけるようなリアクションをとり、笑わせた。

 ネット上では「櫻井くんのピアノ素敵すぎました」「櫻井くんピアノ弾いてたのか…多才すぎる」「手めっちゃ震えてて、緊張が伝わってきたよ」「櫻井くんのピアノ貴重でした」などの声が上がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース