鈴木大地氏 愛子さまのティアラ借用「小室さん夫妻の件もありましたし、いろんな意見あると思いますが」

[ 2021年11月17日 10:08 ]

鈴木大地氏
Photo By スポニチ

 ソウル五輪金メダリストで前スポーツ庁長官の鈴木大地氏(54)が17日、フジテレビ「めざまし8」(月~金曜前8・00)に出演。12月1日に20歳となられる天皇皇后両陛下の長女、愛子さまが宝冠大綬章を授与され、儀式で着用するティアラが借用されることについて言及した。

 これまで女性皇族は成年した時に、ティアラをつくることが多かった。今回はコロナ禍の影響を鑑みて新調せずに、天皇陛下の妹である黒田清子さんに借りて行事に臨むことになったという。

 鈴木氏は「いろいろ皇室に対しては、いろんな意見があるかと思いますけれど、今回のこの件は多くの人が好感を持って見守ってるんじゃないかなと思います」とし、「いろいろ小室さん夫妻の件もありましたし、いろんな意見あると思いますが、世の中の世情を反映してこういうご決断をされたんだと思います」と話した。

 そして「たぶん皇室に関しては、伝統として何が何でも守っていかないといけないこともありますし、世の中の状況に合わせながら少し変化していく、この二つでいい形での皇室の在り方というのを考えていくべきだと思います」と自身の思いを述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース