最上もが 自身の“関係者”騙る人物に憤り…アイドル志望女性たちへ呼び掛け「騙されないで」 

[ 2021年11月17日 16:30 ]

最上もが
Photo By スポニチ

 タレントの最上もが(32)が17日までに自身のツイッターを更新。「最上もがのマネージメント経験がある」などと偽ってアイドル志望者をだましていた人物の存在を知ったことを明かし、「どうか騙されないで」と呼び掛けた。

 最上は「ご注意を」と注意喚起し、「最上もがのマネージメント経験がある・仕事を斡旋していた等、嘘の情報で、アイドル志望の女の子達を騙してる方がいると聞きました。私は全く知らない方でした。複数名いるようで一人は最近逮捕されたようです」と自身の名前を利用して悪質な行為が行われていたという情報を掲載。続けて「本当に腹立たしいですし、被害に遭われた方がいて申し訳ないし悔しいです」と憤りをつづった。

 最上は2011年から17年8月までアイドルグループ「でんぱ組.inc」のメンバーとして活動。脱退から1年後の18年8月に所属事務所とのマネジメント契約を解除し、個人事務所で活動を継続していくことを発表した。

 そして「私のアイドル時代をプロデュースして下さっていたのは“もふくちゃん”のみです」と「でんぱ組」のプロデューサーの名前を挙げ、「独立してからも外部の人間に仕事を斡旋してもらったことはありません。スタッフは現在“なめこちゃん”のみです」と説明。「それ以外で私の名を出す人を信用しないようお願いします。どうか騙されないで。。」とアイドル志望の女性たちへ注意を呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース