日テレ・市來アナ 乃木坂46の10周年メドレーの曲ふりでファン涙!「エモすぎる」「感無量って感じ」

[ 2021年11月17日 22:16 ]

日本テレビ・市來玲奈アナウンサー
Photo By スポニチ

 日本テレビの市來玲奈アナウンサー(25)が17日、音楽特番「日テレ系音楽の祭典『ベストアーティスト2021』」(後7・00)に生出演。かつて所属していた乃木坂46の「10周年!ライブいいとこ取りメドレー」の曲ふりを務めてファンの感動を呼んだ。

 今年、10周年を迎えた乃木坂46。同番組では乃木坂46の10年分を凝縮した「ライブいいとこ取りメドレー」披露するため、そのメドレーの曲ふりをかつて同グループに所属していた市來アナが務めた。「2011年に34人で結成された乃木坂46。これからもファンの皆さんと共に歴史を刻んでいってください。そして今日は坂道グループのメンバーもお祝いに来てくれています。おめでとう。10周年スペシャルメドレーです」と市來アナは思い込めた曲ふりをやり遂げた。

 ネットでは「市來アナウンサーも感慨深いだろう」「市來アナのメッセージで泣きそう」「市來アナの曲振りエモすぎるよ」「市來アナが紹介するの激アツだな」「感無量って感じの曲紹介だなぁ。思いこもってる」「市來アナの曲紹介でグッときた」などの感動の声が挙がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース