LinQ 「一石三鳥」の楽しさ クルマで女子旅 ネッツトヨタ西日本とコラボ

[ 2021年11月17日 11:01 ]

トヨタのオススメ車種とともに、福岡周辺を旅している。海月と新木(左から)
Photo By スポニチ

 九州・福岡を拠点に活動するアイドルグループのLinQがネッツトヨタ西日本とコラボしている。「カワイイ女子旅ココしっと~と?」と題してトヨタのオススメ車種とともに、福岡周辺を旅する企画をネッツトヨタ西日本の公式サイトで紹介。メンバーの新木さくら(24)と海月らな(23)に旅の魅力、車の印象の変化、今後旅したいスポットなどを聞いた。

 これまでにメンバーは福岡県の百道浜、能古島(のこのしま)、太宰府、長崎県のハウステンボスなどを旅してきた。公式サイト上でインスタ映えするスポット、パワースポットをトヨタのオススメ車種とともに紹介している。新木は「自分たちの仲もより深まるし、いろんなところへ旅に行ける。現地で声をかけてもらったりして、ファンになってくれたりする。一石三鳥なんです」と感謝する。

 ネッツトヨタ西日本のウェブCMにもメンバー全員で出演。撮影のたびに車に触れるだけに、車に対する興味も高まっている。海月は「昔のガラケーのようにいろんなデザインがあったり、(車種によって)機能も全然違うのがおもしろい」と。新木はバックもできる自動運転機能搭載の車に魅力を感じた。「教習所でバックの練習したけど、車に任せられるって、凄いなと思いました」と話した。

 7月に普通自動車免許を取得した新木は、後輩メンバーを助手席に乗せて運転した経験がある。「(海月)らなはカーブで曲がるごとに“さくらさん凄い!”と言っていました」と得意げ。涼本理央那を乗せたときには「(理央那の)好きな曲を流して運転したので、携帯を触ってリラックスしてましたね」と思い出を話した。メンバーで唯一の免許取得者なこともあり、自覚は十分。「以前とは車に対する気持ちが全然違います。運転席は凄く責任感があります」と語った。

 12月、来年1月に公開される女子旅では新木の地元、福岡県福津市をメンバーと旅している。宮地嶽(みやじだけ)神社などの有名スポットを満喫した。

 今後に旅したい場所もある。新木が挙げたのは温泉地として有名な佐賀県の嬉野市だ。成人メンバーに限定し「温泉につかりながら、大人な感じで紹介したい」と入浴シーンを熱望。海月はマリンワールド海の中道が開催している「夜のすいぞくかん」を挙げ「全員で車で行きたい」と希望していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース