岡村隆史 番組で激怒させた岩城滉一とのその後 高級クラブで「縄でしばって」 どうして、そうなった?

[ 2021年11月17日 23:04 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(51)が、17日放送のMBS「東野&吉田のほっとけない人」(後8・00)に出演。過去に番組で激怒させてしまった俳優の岩城滉一(70)との思い出を振り返った。

 それは20数年も前の話。ある番組のトークゲストで登場した岩城に対して、岡村は番組を面白くしようと「下ネタ」の話ばかり振っていたという。ところが、岩城は「ちょっと、いいかな。申し訳ねえんだけど、帰るわ」と“途中打ち切り”を宣告。あまりの怒りの表情に、岡村も「ありがとうございました」としか言えなかったという。それからは違う番組で共演しかけた際も、逃げ回るのに必死だったが、「ドッキリ企画」で謝罪してからは岩城が許してくれたといい、岡村は「そこからはクラブにも連れて行ってもらった」と関係を修復できた。

 だが、岩城のすごいところは、その際の対応だった。高級クラブに誘われた日に、岡村は「僕、短パンなんですけど」と身なりが整っていないことを明かしたが、岩城は「大丈夫だよ」と意に介さず。すると、店に着くなり「おい、ズボン貸せ!」と従業員からズボンを奪い取り、岡村に渡した。しかし、ウエストのサイズが合わず「ダブダブなんですが」と岡村が困っていると、岩城はさらに「ヒモあるだろ。ヒモ持ってこい」とさらに店に要求。岡村は「ダブダブのズボンを縄でしばって、ウイスキー飲んでいたんです」と大御所らしいエピソードを披露し、「ブラックマヨネーズ」吉田敬(48)も「それは、仲直りですね」と聞き入っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月17日のニュース