中日 任意で首脳陣、選手ら60人がワクチン接種 与田監督「これも予防の一環」

[ 2021年6月22日 05:30 ]

ワクチン接種を受けた中日・与田監督
Photo By 代表撮影

 中日の首脳陣、選手、球団スタッフら約60人が21日、東京都内で新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた。

 接種は任意で、親会社である中日新聞グループの職域接種を利用。与田監督は「痛くありませんでした。だるさなども出ていません。ワクチン接種も予防の一環だと思います。無事にシーズンを終えられるようにこれからも予防に努めていきたい」と話した。

 接種について選手らから不安の声が上がったことから、16日にはプロ野球とサッカーのJリーグの対策ガイドライン作成に関わった愛知医科大の三鴨広繁教授(感染症学)が説明する機会も設けた。1軍の2回目は7月19日の予定。2軍は28日に愛知県内で1回目を受ける予定だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月22日のニュース