「鬼門突破」へ、虎一丸だ 阪神が敵地7連敗中の大野雄から糸原、梅野の適時打で2点先制

[ 2021年6月22日 18:23 ]

セ・リーグ   中日ー阪神 ( 2021年6月22日    バンテリンD )

<中・神(9)>2回1死一、二塁、阪神・糸原は先制となる右前適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 下位打線の快音連発で、阪神が難敵・大野雄から先制点をもぎ取った。2回、佐藤輝の二塁打とサンズの四球で作った1死一、二塁の好機で糸原がフルカウントから右前にはじき返し、スタートを切っていた二塁走者・佐藤輝が生還。続く梅野も一、三塁から中前適時打を放って2点を先制した。

 バンテリンドームではサウスポーに対して7連敗中とあって鬼門突破へ幸先よく先制した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月22日のニュース