楽天・岸は1球に泣く 6回2失点粘投も愛斗に2ラン浴び「失投だとは思わない」

[ 2021年6月22日 21:11 ]

パ・リーグ   楽天0―2西武 ( 2021年6月22日    メットライフD )

<西・楽>4回2死二塁、愛斗に先制2ランを打たれた岸(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天先発・岸は1球に泣いた。

 6回6安打2失点。粘りの投球だっただけに、痛恨の一発だった。4回2死二塁で愛斗に決勝2ランを被弾。146キロの直球を左中間スタンドに運ばれたが「ホームランは失投だとは思わない」と振り返った。

 「走者を出しても粘れた。今日は全体的に良かったと思う」と岸。好投も今季5敗目。楽天移籍後、メットライフドームでの西武戦は4戦3勝0敗だったが、5試合目にして初黒星を喫した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月22日のニュース