25日DeNA戦で先発予定の阪神・西勇 ファンの応援を力に聖地で通算100勝をつかみ取る!

[ 2021年6月22日 05:30 ]

甲子園で汗を流す阪神の西勇(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 「リーチ一発」で大台到達だ。18日巨人戦で7回1失点の力投を見せ、トンネルを抜けた阪神・西勇。約2カ月ぶりの今季4勝目が通算99勝目となり、次回25日DeNA戦で節目の勝利を狙う。

 前回登板後のお立ち台では「ずっと勝てなくて、自分の投球も本当に苦しくて。この1勝を大事にしたい」と本音を口にした。大きく崩れることなくても、粘りきれない投球が続いていたが、8試合ぶりの勝ち星で風向きは変わったはずだ。21日は甲子園での投手指名練習に参加し、体幹トレーニングなどで入念に調整した。

 DeNA戦は19年9月28日に勝って以来、勝利から遠ざかっているが、次回も本拠地・甲子園での試合。ファンの後押しも力に、連勝で100個目の白星をつかみ取る。(山添 晴治)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月22日のニュース