ヤクルト・青木 侍最年少選出の村上に「3カ条」授けた

[ 2021年6月22日 05:30 ]

ヤクルト・青木宣親
Photo By スポニチ

 国際大会の経験豊富なヤクルトの青木が東京五輪代表最年少21歳の村上に3カ条を授けた。

 WBCに3度、五輪も08年北京に出場したベテランは(1)怖いもの知らずでいけ。「自分の持っているものをしっかり出すことに集中」。(2)守備が重要。「一発勝負。流れがガラッと変わってしまうことがある」。(3)荷物持ちをしろ。「選手もスタッフもWBCに比べて少ない。一番下なんだから、率先して荷物を持てと伝えた」。

 自主トレをともにし、師弟関係の2人。村上は金言を胸に金メダルを目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月22日のニュース