プロ野球新戦力獲得期限8月末に繰り下げへ 五輪中断期間を考慮

[ 2021年6月22日 05:30 ]

NPB・井原敦事務局長
Photo By スポニチ

 プロ野球の新戦力獲得期限が8月末に繰り下げられる方向となった。東京五輪開催の場合は約1カ月の中断期間を挟むため、従来の7月末から繰り下げることを申し合わせていた。

 21日に12球団代表者会議が行われ、日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は「五輪があれば8月末までが契約期間になる。新外国人選手の入国手続き内容を確認した」と説明。新外国人は入国して検疫後、3日間の行政指定宿泊施設での隔離を経て、各球団の設定した施設に移動後は隔離空間であるバブル内で調整する。

 また、ワクチン接種後に発熱などがあった場合はPCR検査を行うことも確認された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月22日のニュース