阪神 連敗止めた、大野雄も止めた 少ない好機を生かし、バンテリンDでは8年ぶりに左腕に土つけた

[ 2021年6月22日 20:27 ]

セ・リーグ   阪神2ー1中日 ( 2021年6月22日    バンテリンD )

<中・神(9)>2回1死一、三塁、阪神・梅野は中前適時打を放つ(投手・大野雄)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神が接戦を制して連敗を2で止めた。

 2回に糸原、梅野の連続適時打で中日・大野雄から2点を奪取。先発した青柳は要所を締める投球で7回を1点に封じた。8回からは岩崎、スアレスと勝利の方程式がハマって逃げ切り。バンテリンドームでは実に8年ぶりに中日・大野雄に黒星を付けた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月22日のニュース