広島・林が初の4番 高卒3年目以内では江藤以来31年ぶりとなる大抜てき 広島―ヤクルト戦先発

[ 2021年6月22日 17:40 ]

セ・リーグ   広島ーヤクルト ( 2021年6月22日    マツダ )

プロで初めて「4番」に座る広島・林
Photo By スポニチ

 広島―ヤクルト戦の先発メンバーが発表され、広島・林晃汰内野手(20)が自身初の4番で先発する。

 林は打率・408と絶好調。球団の高卒3年目以内で4番で先発するのは、90年江藤智以来31年ぶりとなる。

 江藤は、高卒2年目だった90年に4番で2試合に先発。同3年目の91年には4番で14試合に先発した。両軍の先発は以下の通り。

 【ヤクルト】
 (中)塩見
 (左)青木
 (二)山田
 (三)村上
 (一)オスナ
 (捕)中村
 (右)サンタナ
 (遊)元山
 (投)田口

 【広島】
 (二)菊池涼
 (中)野間
 (遊)小園
 (三)林
 (一)坂倉
 (右)長野
 (左)西川
 (捕)石原
 (投)大瀬良

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月22日のニュース