関東第一、プロ注目最速145キロ右腕・市川 日大三を2安打完封 16年以来の優勝導いた

[ 2021年6月22日 05:30 ]

春季高校野球東京都大会決勝   関東第一5-0日大三 ( 2021年6月21日    府中市民 )

<関東第一・日大三>2安打完封勝利を挙げた関東第一の市川(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 関東第一(東京)がコロナ禍の影響で2度延期されていた春季東京都大会の決勝で日大三を5―0で下し、16年以来5度目の優勝を果たした。

 プロ注目のエース市川祐(たすく、3年)は2安打で完封勝利。1メートル82の大型右腕は自己最速へ2キロに迫る143キロを計測して8三振を奪い「真っすぐで押せた。自信になります」と最後の夏に向けて大きな収穫を得た。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月22日のニュース