巨人、梶谷復帰で超攻撃的布陣も 原監督「あり得る」ウィーラーの一塁固定

[ 2021年6月22日 05:30 ]

金沢駅に到着した梶谷(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は2年ぶりの地方試合となる「北陸シリーズ」を、22日から開催。金沢、富山でのDeNA2連戦で、左太腿裏の違和感で戦列を離れていた梶谷が復帰する。現状でのベストオーダーが組めることとなり、原監督は「ウィーラーがファースト固定ということもあり得る」と攻撃的布陣を思い描いた。

 まもなく規定打席に到達する打率・337のウィーラーが左翼から一塁、前日の阪神戦で決勝弾を放った右翼の松原が左翼、梶谷が定位置の右翼に入るという構想だ。指揮官は「今日いるメンバーで(ベストオーダーを)思い描くことが大事」と語った。坂本が右手親指骨折から復帰して以降は4勝2敗。梶谷も加わり、6ゲーム差の首位・阪神を追う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月22日のニュース