東海大相模 圧勝発進!ドラフト候補の2番・鵜沼が3安打

[ 2020年8月5日 05:30 ]

神奈川大会・2回戦   東海大相模7―0川崎北 ( 2020年8月4日    相模原 )

<川崎北・東海大相模>初回1死、二塁打を放つ東海大相模・鵜沼(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 昨夏王者の東海大相模が今夏初戦で川崎北を7―0の7回コールドで下した。

 昨年のU18日本代表で今秋ドラフト候補の2番・鵜沼魁斗(3年)が3安打の活躍。50メートル5秒8の俊足を生かし、5回にセーフティーバントも決めた。「みんな動きが硬かったので、自分が初球からどんどん振って走ってほぐそうと思った」。不動の1番からチーム方針により2番に座るが「どの打順でもやることは変わらない」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース