大谷翔平 マリナーズ戦欠場 今季は投手出場なし、打者として6日以降出場

[ 2020年8月5日 14:06 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―3マリナーズ ( 2020年8月4日    シアトル )

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が4日(日本時間5日)、敵地・シアトルでのマリナーズ戦に出場しなかった。チームは5―3で勝利した。

 18年の右肘手術、昨年9月の左膝手術を経て、二刀流復活を期して今季に臨んだが、2度目の先発登板となった2日(同3日)のアストロズ戦で、1回2/3を投げて無安打2失点、5四球で降板。右腕に違和感を訴えてMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、右肘付近の屈筋回内筋痛と診断されていた。

 投球再開まで4~6週間を要する見通しだったが、マドン監督は4日(同5日)の試合前にオンライン会見に応じ、大谷について「今年は投げることを期待していない」とし、今季中の投手復帰はないことを明言した。

 打者として前回出場の7月31日(同8月1日)のアストロズでは、5打席中3度も走者を2人置いた場面で打席に立ったが、4打数無安打に終わっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース