DeNA・佐野 明大同級生・柳撃ちで追加点「思いっきりいきました」

[ 2020年8月5日 20:01 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2020年8月5日    横浜 )

<D・中8>3回1死二塁、右前適時打を放つ佐野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの佐野恵太内野手が、2―1の3回1死二塁から右前適時打を放った。

 柳のチェンジアップを右前へ運んだ4番は「バッティングカウントだったので、思いっきりいきました。神里さんの走塁に感謝したいです」と笑みをこぼした。

 佐野と柳は明大の同級生。かつての仲間からは今季初対戦だった6月23日にも3打数2安打など、試合前まで12打数4安打、打率・333をマークしていたが、この日もリードを広げる貴重な適時打を放った。

 さらに4回2死一、二塁の第3打席では中日2番手・山本から右翼線への適時二塁打。「結果を残すことが出来て良かった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース