広島・塹江 150キロで2死満塁抑えた 好救援で2勝目

[ 2020年8月5日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6-3ヤクルト ( 2020年8月4日    神宮 )

<ヤ・広(6)>7回途中から登板、8回も抑えた塹江(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 広島の塹江がピンチをしのぎ、2勝目を挙げた。同点の7回2死一、二塁で薮田をリリーフし、その後満塁となるが、山崎に対してフルカウントからの7球目、150キロ内角直球で空振り三振にしとめ、ガッツポーズでマウンドを降りた。

 「野手の方々が良い流れで追いついてくれた後。このピンチを抑えれば、良い流れになると思ってマウンドに上がった。(山崎には)ゾーンで勝負できたのがよかった」

 それだけではない。8回に田中広の勝ち越し弾を見届けると続投。7月1日のヤクルト戦以来、今季2度目となるイニングまたぎも無失点でしのぎ、佐々岡監督も「うまく断ち切ってくれた。チャンスで(8回の打席が)回ってきたら代えていたが、(勝ち越したら)いくと伝えていた」と労をねぎらった。逆転勝ちを演出した陰の立役者でもあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース