帝京 雪辱果たし4強!先発・田代、柳沼の継投で4試合連続完封勝ち

[ 2020年8月5日 05:30 ]

東東京大会・準々決勝   帝京9―0日大豊山 ( 2020年8月4日    大田 )

<帝京・日大豊山>長身から角度のある直球で押した田代
Photo By スポニチ

 帝京が昨夏の準々決勝で敗れた日大豊山に9―0で7回コールド勝ちし、準決勝に進出した。

 1メートル86の大型右腕・小槻悠奈(3年)から4点を奪って4回KO。小槻から放った6安打のうち、4安打が中前打。コンパクトに振るよう指示を出した前田三夫監督は「目標を持って振っていた」とご満悦だった。先発した1メートル89の大型左腕・田代涼太(3年)は5回を2安打無失点。6回からはエース右腕の柳沼勇輝(3年)が救援し、4試合連続となる完封勝ちとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース