「横浜の悪夢」はいつまで…中日、打てず守れず、鬼門で5連敗 今季最多タイ借金8

[ 2020年8月5日 22:04 ]

セ・リーグ   中日2―8DeNA ( 2020年8月5日    横浜 )

<D・中>4回2死、ベンチの与田監督(左)と空振り三振に倒れた根尾(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 全く見せ場が作れないまま、ゲームセットの声を聞いた。白けた空気さえ漂う完敗劇。開幕から続く横浜スタジアムの連敗も「5」に伸びた。

 右腹直筋の筋挫傷から復帰した柳が、7月7日以来の1軍マウンド。持ち味の制球力がなく、立ち上がりから痛打を食らう。初回1死一塁からソトが右翼へ運んだ一撃は、守備に定評のある井領が捕れず二塁打。続く佐野が四球でフルベースになり、ロペスに先制2点適時打を浴びた。

 「井領のヤツは、もしかしたら照明が(目に)入ったかもしれない」

 与田監督は必死でかばったものの、先取点で失った試合の主導権は、2度と戻ってこなかった。

 3回には、大島の適時打で、22イニングぶりの得点。士気が高まったのに、その裏の先頭打者の遊ゴロを京田がエラー。佐野、ロペスの連打でピンチは広がり、宮崎に死球を与えたところで、背番号17にタオルが投入された。2回1/3、3失点降板…。後を託された山本、ゴンサレス、谷元、浜田達ら中継ぎ陣は全員が失点を喫し、リードは広がる一方だった。

 「(柳は)追い込んでからのボールが甘く入ったのが、もったいなかった」。指揮官の嘆きは、わずか3安打の打線にも及ぶ。「点が取れていないので、何とか取れるようにしていくしかない」。唯一の明るい材料は、「8番・左翼」で2試合連続先発の根尾が見せた左翼守備。無難にこなし、初回には中継の京田へ好返球を返し、本塁で二塁走者の佐野を刺した。2年前のドラフト1位も、打撃では2試合連続で3打席無安打と一軍の“壁”に苦しんでいる。

 借金は今季最多タイの8に膨れ、ついに首位・巨人と10ゲーム差。「いつも言っているように、とにかく毎試合、シーズンが終わるまでベストを尽くす。それだけです」。具体的な再建策は胸に秘め、与田監督は必死で前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース