ヤクルト・奥川 上半身コンディション不良でスロー調整に

[ 2020年8月5日 05:30 ]

ヤクルト・奥川
Photo By スポニチ

 2軍で調整中のヤクルトドラフト1位・奥川は、上半身のコンディション不良により調整のペースを遅らせることになった。小川淳司GMが「上半身のコンディション不良で、全体的にペースダウンということ」と明かした。病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、判断したという。高津監督も「(スローペースに)なるんでしょうね」と話した。

 1月中旬に右肘の軽度の炎症を訴えたが、その後は順調に調整を重ね、2軍では4試合に登板していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース