ソフトB モイネロまさかの初被弾3失点…方程式崩れ逆転負け 2位楽天と1差に

[ 2020年8月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6-7楽天 ( 2020年8月4日    楽天生命 )

<楽・ソ>8回2死一塁、2ランを浴びるソフトバンク・モイネロ(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 勝ちパターンの継投で逃げ切れない。6―4で迎えた8回、ソフトバンクのモイネロがつかまった。この回から3番手として登板して簡単に2アウトを取ったが、鈴木大に二塁打、ブラッシュに適時打を浴びた。なおも2死一塁で浅村に初球カーブを右中間席へ運ばれる。逆転2ラン。モイネロにとって21試合目での初被弾で逆転負けを喫した。

 工藤監督は悔いを残していた。「予想外のことが起きた。反省なんですが、一つ一つのプレーに対し、事前に声を出してアドバイスすればよかった。“あえてボール球から入ってほしい”など、僕らが事前に意識付けさせておけば結果は変わった」。ブラッシュ、浅村に打たれたのはいずれも初球。不用意な投球が痛恨の逆転負けにつながった。

 必勝を期した継投だっただけに痛い黒星となった。先発・千賀は不安定ながらも粘って6回6安打3失点。2点リードの7回から高橋礼を投入した。しかし、制球が安定せず2安打2四死球で2点差に迫られ、「ボール球先行で苦しい投球となった。切り替えるしかない」と話した。そして、8回の3失点で今季初黒星を喫したモイネロは「初球のカーブが甘くなってしまった…」と悔やんだ。

 勝って“再出発”を図りたかった。1日に2軍調整中の長谷川の新型コロナウイルス感染が判明。2日の西武戦は中止となり、3日には1軍チームスタッフの感染も明らかになった。活動方針を検討していたが、この日になって1軍は通常通り活動していくことを発表し、この日の楽天戦に臨んだ。

 試合前、工藤監督は神妙な表情で楽天戦に懸ける思いを語っていた。「(西武戦が)中止となり、ファンに本当に迷惑をかけた。ホークスの野球を全力で見せて、元気、勇気を与えられるようにしたい」。明るい話題を届けることはできなかったが、「また切り替えていきたい」とすぐに次の戦いへと視線を向けた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース