中日・根尾 「次は絶対に打ちたい」 初スタメンで3打数無安打 与田監督「どんどん使う」

[ 2020年8月5日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0-3DeNA ( 2020年8月4日    横浜 )

<D・中7>5回2死二塁、遊ゴロに倒れた根尾(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 中日・根尾の2年目は、試練から始まった。1軍昇格即「1番・右翼」でプロ初先発したが、チームは今季5度目の零敗で最下位転落。19イニング連続無得点の打線を活性化する働きは、まだ20歳には重すぎた。

 初回先頭での見逃し三振、3回1死の三飛はともに井納のストレートに完敗。初めて走者を置いた5回2死二塁は一転してフォークで追い込まれ、最後は147キロに力負けして遊ゴロに終わった。

 「ヒットを打ちたかったですが…。次は絶対に打ちたいと思います」

 左投手に代わった8回第4打席に代打を送られた悔しさも、コメントに潜む。ファームでは、最近5試合で打率5割(18打数9安打)。1軍との“違い”を知った若武者についに、与田監督は「これからどんどん使っていきながら、活躍してほしい」と前向きな言葉を残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月5日のニュース